企業は『選ばれる側』と言われるけれども…『選びたい!』

採用活動において、昨今、企業は「選ぶ側」ではなく「選ばれる側」である
と言われて久しいですが…

 
そうは言っても一緒に働く仲間は自分たちが選びたい!
というお気持ちはとてもわかります。

 
実際、最終的に選ぶのは企業側なので、間違っていないと思います。

 
そこで今回は、この「選ばれる側」という視点を正確に理解して、
結局何が違うのか、何をすれば「選ぶ側」になる事ができるのかについて、
考察したいと思います。

 
◆ なぜ、『選ばれる側』なのか 求人が多く、求職者が少ないので、企業は選ばれる側であるというのは
広い視点で見た場合の理解ですが、より「求職者」の視点に立つと、
違った景色が見えてきます。

 
① 職場へ求める事が、変化している ② 求人の検索方法が、変化している ③ 企業のアピール方法が、充実してきている
 
上記 “3点” が、求職者側に起きた大きな変化です。

 
【① 職場へ求める事が、変化している】について…
これまでは「給与・環境の改善」を求めた転職動機が多かったのですが、
昨今は「意味報酬」という単語が台頭して参りました。

「意味報酬」とは、この仕事は社会へどのような意味や貢献ができるかや、
この仕事を通して、どのような人材へ成長することができるか等、
仕事に対して “成果” ではなく “意味” を報酬として求める事を指しております。

 
もちろん、 “成果” も見方によっては「意味報酬」となりますが、
“成果物” をやりがいと捉える事はあっても、納得のいく “成果物” を
作り続けていく事は、職場へ求める事としては意義が薄く、
成果として「給与」を得る事よりも、『意味報酬』の延長線上で、
「給与」を求める傾向が強くなっているという事です。

求める報酬に対する、動機形成とターゲット選定が、今後の採用市場では
重要になってきている為、これまで以上に「訴求の仕方」は熟慮する必要があります。

 
【② 求人の検索方法が、変化している】について…
以前は、大手求人サイト等にアクセスする所から、就職/転職活動は始まっておりました。
しかし、現在は求める仕事を精緻なキーワードをもとに、自ら検索を行う事で、
「選職」しております。

これは「選職リテラシー」という言葉で、昨今表現されておりますが、
実際Google上で、どの程度自発的に検索/情報収集を行っているかを
Googleの機能を活用し、調べてみました。

サイト名での検索よりも、まずは検索エンジン上で「東京 求人」と、
サイトを知るための検索ではなく、求める条件(エリア)から、
検索を行っている事がわかります。

このように、エンジニアであれば「Python ジョブチェンジ 求人」のように
仕事へ求める条件や要件を、「まず自分で」検索を行った後に、
該当する記述があるサイトへ、訪れるという図式が一般的になっております。

つまりは、求職者は自ら求める条件を得るために「選ぶ」という行動が、
最初に発生しているため、「選ばれる側」である企業は、これらの動きに対して、
『検索で見つけてもらう』という対策が必要となってきております。
※ 検索の結果、求人サイトや紹介会社へ行き着くケースも大多数ですが、
その際、検索ワードに “ヒット” しなければ、見つけてもらう事ができない事と、
検索ワードに対して、掲載している求人サイトが、検索結果の中で “上位” に
表示されているのかを考慮したサイト選定が “カギ” となります。(SEO順位確認)

 
 
 
【③ 企業のアピール方法が、充実してきている】について…
“①/②” を踏まえた、対策を行っている企業が、徐々に増えてきております。

「①」である自社の意味報酬が明文化された “原稿/求人票” の構築や、
「②」である検索キーワードの想定と “オウンドメディア(採用ブログ/SNS)” での発信等、
基本的な対策を行うと共に、これらの表現をより『明確/豊か』にするために、
自社採用サイト内のコンテンツ(ブログ機能/動画/構成/文章)を充実させる事に、
予算も時間も注力いたしております。

これらは大手企業であるからできることではなく、従業員30名規模の弊社クライアントでも、
同様の取り組みにより、自社HPからの直接応募がほとんどとする事が可能です。
※ 1〜2年ほど、土台形成に時間がかかりました。

これまでのように、短期的な採用計画や費用対効果の把握は、当然大事であるとともに、
追いかけていくべき指標ではありますが、並行して「土台の形成」に着手することが、
中長期的な採用成功に繋がって参ります。
※ 「ローマは一日にして成らず」は採用に置いても同様でした。

 
 
 
市場の紹介が長くなりましたが、「何故、選ばれる側」なのかというと、
求人を認知してもらう方法が『多様化』すると共に、企業側の『WEB知識』の向上により
対策が急速に進んでいるためです。

 
これらを踏まえて『選ぶ側』になるために、何が必要かというと、

◆ 求職者動向の変化を踏まえた【打ち出すキーワード/文章の精査】 ◇ “◆” を表現する為の【土台形成(採用サイト等)】
上記、2点となります。

 
 
“◆” は、シートに沿って内容をまとめて頂くと、打ち出すべき文章やキーワードを
まとめる事ができる「ヒアリングシート」を、弊社でご用意いたしております。

 
“◇” は、 “◆” がまとまりましたらば、弊社プランナーより、具体的な手法や
コンテンツなどを、制作する事が可能です。

 
 
如何でしたでしょうか。
文末、営業感が出てしまいましたが、このような市場を踏まえた “ノウハウ” を
有しております為、より詳しいお話や、ご興味お持ち頂けました際は、
是非お声かけくださいませ。

こんな記事も読まれています

オフィス見学もバーチャルの時代

アルムナイ採用の本質とは?(基礎編)

今こそ中年・・・!? ジョブ型雇用の拡大に伴う採用スタイルの...

Twitterを企業が導入するべき理由。Social Dog...

記事一覧に戻る

TOP