リスティング広告を採用活動に紐づけるメリットとは?運用や仕組みについて解説

昨今、WEB広告の媒体や運用方法は多様化しており、仕組みが分からないという方も少なくはないかと思います。現在主流となっている広告はリスティング広告SNS広告(Facebook、Instagram、TikTok、LINE等)の2パターンになりますが、今回は当社がメインでご提案しているリスティング広告の概要と採用活動に紐づけるメリットについてお伝えいたします。

 

■そもそもリスティング広告って?


リスティング広告とは「検索連動型広告」のことを指し、SEM(サーチエンジンマーケティング)と呼ばれることもあります。Google、Yahoo!などの検索エンジンで一般のユーザーが検索したワードに関連した広告を検索結果画面の中にテキスト形式で表示する仕組みです。

皆さんも普段何気なく見たことがあるかと思いますが、下記の赤枠で囲った部分がリスティング広告と言われるものになります。


また、下図の通り、日本における検索エンジンのシェアはGoogleが77%、Yahoo!が14%と、この2媒体で9割以上を占めていることが分かります。
Edgeにおけるデフォルト設定がBingになっているためか、Windows10の移行に伴いBingのシェアも最近では増えているようです。


スマホ版に限って言うとGoogleだけで90%程度のシェアがあります。つまり、GoogleとYahoo!の2媒体さえ抑えておけば日本の大半のユーザーに対してアプローチをかけることができるということになります。

 

■リスティング広告の仕組みとは


リスティング広告はクリックされるたびに掲載者に費用が発生する仕組みとなっています。これをクリック型課金と言います。

また、Google、Yahoo!上でリスティング用のアカウントを開設したあとはキーワード設定をして意図的に広告を配信することができるため、特定のキーワードを検索している顕在層に対して効率よくアプローチをすることが可能になります。

自然検索(通常検索)で検索結果画面の上位に表示するためには検索エンジンのアルゴリズム(SEO)を理解して時間をかけて構想していかないといけませんから、かなり長期的な戦略が必要になります。その反面、リスティング広告の場合は掲載後の即効性があり、直近ニーズのあるユーザーに対して的確にアプローチを届けることができます。

 

■採用活動にリスティング広告を導入するメリット


最近の採用活動の傾向としてソーシャルリクルーティング(SNS)なども主流となっていますが、リスティング広告を導入することで求人媒体の市況だけでは出会えない顕在層を獲得することができるようになった企業も増えています。

①顕在層のユーザーにアプローチが可能

リスティング広告は、能動的に“必要な情報”を検索しているユーザーにアプローチできる広告です。
つまり、直近の転職プランに沿って情報収集を行っている顕在層に対して的確に広告を表示することができます。

●営業職 関東 土日休み
●飲食 アルバイト 埼玉 求人
●ドライバー 未経験 稼げる

上記のように、自らの属性に合ったキーワードを検索エンジンに入力しているため、直近の転職意欲が強いユーザーが流入し、いわゆる有効応募に繋がる可能性が高くなると言えるでしょう。

②採用コスト削減に繋がる

リスティング広告はテキスト形式での表示がゆえにタイトルと説明文の設定は当然必要になりますが、固定費(前課金)がかかる求人媒体や成功報酬型の人材紹介とは明確に違い、原稿制作や画像加工などクリエイティブにかかる莫大な費用が一切かからないのが強みです。

前述でお伝えしている通り、リスティング広告はクリック型課金であるため、求人情報がクリックして閲覧されない限りは費用が発生しませんし、初動は低額からスタートすることができます。キーワードのフレーズ一致や完全一致機能などを上手く使えば、無駄な費用を投じることなく効果的に有効応募を集めることが可能になります。

③エリア(地域)の絞り込みが可能

せっかく興味を持ってもらっても職場が遠くて通勤できなければ意味がありません。

そこで、リスティング広告には市区町村単位で配信エリアを絞る機能があります。
「さいたま市、川口市、蕨市に住んでいる方にのみ配信しよう」など、特定の地域のユーザーのみに配信を設定することで、それ以外に居住しているユーザーからは全くアクセスされなくなります。


 

■終わりに


いかがでしたでしょうか。今回はリスティング広告を採用活動に導入するメリットについて記述させていただきました。

しかしながら、リスティング広告はメリットばかりではなく、即効性がある反面で効果改善や運用を怠ると短期間の内に無駄なコストを失ってしまいますし、運用者のスキルによって結果が大きく変わってしまう可能性も大いにあります。

そこで当社では、リスティング広告を上手く採用活動に紐づけるご提案のほか、求人情報専門の検索エンジン「Indeed」や、実名制で正確なデータベースでターゲティングが可能なSNS広告の提案も併せてしております。

https://followus.jp/new2/blog/webadvertising/

WEB広告での求人出稿についてご興味がありましたら、ぜひともご連絡いただければ幸いです。


こんな記事も読まれています

採用担当初心者の備忘録〜新卒説明会の案内編〜

採用課題を解決する求人広告以外のサービス3選~新卒社員が紹介...

春は出会いの季節!「メラビアンの法則」を使って好印象を持って...

『心理的安全性』とは ~Googleが発表した効果的なチーム...

記事一覧に戻る

TOP