【2022年版】企業が「転職フェア」に出展するメリットについて

「転職フェア」とは、転職希望の求職者をターゲットにした全国各地で開催される企業の合同説明会のことです。

求職者側は参加費無料、予約不要、入退場自由のイベントとなっており、様々な企業と出会うことを目的として足を運びます。選考を受けに行くわけではないため、履歴書や経歴書を持っていく必要もありません。

大手転職サイトを運営する株式会社マイナビ(マイナビ転職)、パーソルキャリア株式会社(doda)、株式会社キャリアデザインセンター(type)、株式会社学情(Re就活)などが運営元となり、企業側は出展費用を出してブースを設けます。
企業ブースでは、人事担当者や現役の社員を配置し、足を運んだ求職者に対して企業風土や職務内容、採用条件などの説明を行います。

顕在層だけでなく、行きたい業界や職種が不明確で、「何となく転職を検討している」という方も来場するため、多くの転職潜在層と巡り合うことが可能です。




■転職フェアに出展するメリット


では、転職フェアに出展すると企業側にどんなメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

1.応募前の転職潜在層に直接アプローチできる

一般的な求人広告の場合だと【応募⇒書類選考⇒面接(対面)】という流れになるかと思いますが、転職フェアの場合だと応募前の転職希望者と直接お会いして話すことができます。会社の魅力や仕事の話をその場で伝えることができるため、応募の動機形成をすることが可能です。

2.企業側から多くの“個人”に対するアプローチができる

1日で多くの求職者に出会うことができるため、求人サイトや人材紹介サービスに登録していない転職希望者など、今までアプローチしていなかった層と巡り合うことができます。
首都圏の開催だと数日間で1万人以上の来場者がお越しいただける事例もあるため、広告での露出に限界を感じている企業は特にオススメです。
また、来場する方々は転職意欲の高い人材が多いため、応募につながりやすいのもメリットです。

3.企業ブランディングにつながる

出展企業は、事前に運営会社のサイトに企業名が掲載されます。
開催当日も、実際に働いている社員との直の会話を通して、「この会社で働いてみたい」「気になる」と興味づけをすることができるため、自社のファン獲得の効果が期待できます。

4.広告では伝わりづらい魅力を直接伝えることで選考前のミスマッチを防止できる

求人広告には、断片的にしか会社の魅力を伝えられないデメリットがあります。
しかし、転職フェアでは組織の魅力や採用の背景まで具体的に伝えることができるため、選考前から双方のミスマッチを防ぐことが可能です。
企業側からも、転職サイトのレジュメだけでは分からない「表情」や「人柄」、「コミュニケーション能力」など、予めの面談を通してより深い人物像を理解することができるため、「この人に来てもらいたい…!」が具体化し、採用力向上の効果も期待できます。

5.採用までのスピードが早い

その場で面接をして内定を出すケースは稀ですが、上記のようにお互いの意思が疎通した場合にはブース内で1体1の個別面談の時間を設ける企業もあります。
また、転職フェアでは気になった求職者に対してその場で次回の面接日の設定をすることもできるため、書類選考などの細かいやりとりなどを省き、採用フローを短縮することが可能です。

6.運営側のサポートが充実している

出展を申し込んだ企業は、イベント当日に“コンシェルジュ”をつけてサポートをしてもらうことができます。
例えば、会場内を歩いている「営業職への転職希望者」「IT業界への転職希望者」などに声をかけて、自社のブースに誘致してもらうなどのサービスなどが主。自社ブース以外でも、求職者の方と簡易的にコミュニケーションがとれる「スカウトカフェ」といったコーナーを利用することもできます。



■実際に開催されている転職フェアの例


1.マイナビ転職EXPO

【特徴】
①全国各地で開催されている日本最大級の転職フェア
⇒2022年5月:18会場、2022年6月:18会場で開催予定
②定期的なオンライン開催がある
③20代後半~35代前半の来場者が多い
④スカウトカフェコーナーでブース外でも求職者に声かけが可能
⑤幅広い業界・職種に対応している

2.doda転職フェア

【特徴】
①平均面談人数100名、3日間で10,000人が参加する日本最大級の転職フェア
②定期的なオンライン開催がある
③キャリアカウンセラー資格を持つ転職アドバイザーのブースがある
④「営業」「エンジニア」「施工管理」など職種ごとのイベントもある
⑤スキルや実績のある若手・中堅層の来場者が多い

3.Re就活 転職博

【特徴】
①若手の採用に特化している転職フェア(来場者の9割以上が20代)
②SNS広告(Instagram、Facebook等)を幅広く打っているため、企業の露出度が高い
③中小・ベンチャー企業の営業、販売、事務などの職種の採用に強い
④一方的な説明会ではなく来場者と直接面談をすることができるため、選考前のミスマッチが起きにくい

4.type エンジニア転職フェア

【特徴】
①国内最大のエンジニア特化型の転職フェア
②電車内広告やWEB広告での露出が多く、転職サイトを活用していない層へのアプローチが得意
③1日30名近くのエンジニア経験者と面談することができる
④匿名スカウトサービスで出展企業と来場者のマッチングをサポートしてくれる

5.女の転職type 転職イベント

【特徴】
①ほぼ100%女性のみが来場する転職フェア
②電車内広告やWEB広告での露出が多く、転職サイトを活用していない層へのアプローチが得意
③転職希望者の動機が明確(「長く安心して働きたい」「女性が活躍している職場で働きたい」など)



■まとめ


転職フェアは、広告や人材紹介など、今の採用手法に限界を感じている企業の方にオススメです。

自社の魅力を最大限に伝え、効率のいい採用活動を行いたい企業様。

費用感や詳細など気になるところがあれば、ぜひとも当社にお問い合わせくださいませ。



こんな記事も読まれています

ソーシャルリクルーティング(SNS)で採用活動を豊かにしよう...

採用担当初心者の備忘録〜メール編〜

『Indeed』を採用活動に取り入れるべき理由~検索で仕事を...

【SNS×採用】ソーシャルリクルーティングのメリット・デメリ...

記事一覧に戻る

TOP